上方落語をきいてよの会|札幌

イベント情報

遅れてごめんね!第19回上方落語をきいてよの会

2022/05/08

 今回は一昨年、6月予定しておりましたがコロナ感染拡大でずっと延期になっておりました
第19回の開催です。
当会ホスト役のお一人 宗助師匠は昨年8月に、米朝師匠の俳号「八十八」を襲名されて
札幌、初の会です!

ゲストには桂文三師匠をお迎えいたします。

 お2人共にNHK「日本の話芸」にご出演されており実力派。
生喬師匠が今年5月の当会の「江戸・上方 粋と粋」で来札されて今回のチラシを見たとき
「エー顔付けですね。。この組合わせは大阪ではないです。たぶん、繫昌亭でやったら満席でしょう!」

師匠方には悲しくなるニュースが多い昨今、スカッと笑って頂けるように滑稽噺に特化した会をお願いしております。
又、週末がお仕事でお越しになれないというお声も多く、初めて平日の夜開催を試させて頂きました。

コロナ禍で日々閉塞しがちの今日この頃ですが感染症対策は今回もしっかりやっての開催です。
皆様方のご来場心よりお待ちしております。

🔴演者紹介

●桂八十八(かつらやそはち)
・芸歴
昭和63年三代目桂米朝に入門
芸名・宗助
令和3年二代目桂八十八襲名
・受賞歴
平成9年NHK新人演芸大賞落語部門大賞

●桂文三(かつらぶんざ)
・芸歴
平成3年五代目桂文枝に入門
芸名・つく枝
平成21年文三襲名
・受賞歴
平成12年なにわ芸術祭新人賞受賞
平成28年繁昌亭大賞受賞

🔴笑わさ~でかい!
今回は平日の夜開催でっせ!どうぞお越しやす!
宗助改め2代目
八十八・文三ふたり会
~遅れてごめんなさい第19回上方落語をきいてよの会

●出演
桂宗助改め
二代目
桂八十八(かつらやそはち)
桂文三(かつらぶんざ)

8/18
曲芸 宝玉斎こん太ぽん太

8/19
マジック アルバトロス・デンカ

●日時
2022年8月18日(木)19時開演
2022年8月19日(金)19時開演

●会場
ホテルモントレエーデルホフ 札幌
13階ベルヴェデーレ
北海道札幌市中央区北2条西1丁目1
011-242-7111
https://www.hotelmonterey.co.jp/edelhof/access/
●木戸銭
前売¥3500 当日¥4000

◉チケットお求め

・道新プレイガイド011-241-3871

・札幌市民交流プラザチケットセンター

・ぴあコード
8/18 Pコード:512017
8/19 Pコード:512018


人気ブログランキング

» イベント情報一覧

新着情報

回想40

2022/07/05
上方落語ファンの皆様、おまっとうさんでした。
今から7-8年前
上方落語の寄席が札幌には少なすぎる。
「ほたら
噺家さん呼ぼうか。。。」
(詳細については当ホームページの新着情報の回想1からをご覧ください)
「どなたにお越し願えばいいのか?」
これは結構。。大変でした。
全く縁故などもなく。。💦
2015年、年頭から3月の約3ヶ月の間
色々と当たってみましたが
なかなかいいお返事を頂ける噺家さんに巡り会えず。。。
そんな中
偶々のご縁で笑福亭生喬師匠とめぐり合いました。
(詳細は。。。
お時間ございましたら回想1からをご覧ください)
それから
2015年秋から2016年の秋までの1年間に約15回の生喬師匠の
落語会を開催。
徐々にお客様もお越しになられて
「上方落語をきいてよの会ーさっぽろ」
という会なので生喬師匠の会も毎年開催しながら当会の主任になって頂ける他の師匠のご紹介をお願いしました。
そこで
生喬師匠のご紹介で宗助師匠(現 二代目八十八師匠)を紹介して頂きました。

2016年のお盆明けに宗助師匠と2015年に生喬師匠と初めてお会いした法善寺近くのお店でご挨拶を兼ねて会食いたしました。

芸名が「二番煎じ」の登場人物の「宗助」(そうすけ)からとられた事なども

その時に教えて頂いたんですが。。
「なんで宗助なんだろう?」
早速 宗助師匠にメールして伺うと
その日のうちにお電話頂き
一門で米朝師匠のご自宅でよくお酒を呑む事が 多かったらしく
宗助師匠は一番下のお弟子さんなので
呑みの会で事あるごとに
あれ取ってきて
これちょっとして
と用事をよく頼まれるそうで
その光景が二番煎じの宗助さんの様だったので
他の兄弟子さんから
「宗助はーん
宗助はーん あれ取ってー
これ取ってー」
と呼ばれるようになり
米朝師匠
「別にワシの弟子やから
米、朝という文字を入れんとあかん事ない
宗助って落語にも出てくるしお客様からも覚えてもらいやすい。。
宗助って字 書けるか?」
宗助師匠
「はい 書けます」
米朝師匠
「ほたら 明日からお前は宗助や
えーな」
と呑みの会で芸名が決まったそうです
翌朝は米朝師匠はその事を忘れており
「谷本。」
本名で当時の宗助師匠を呼ばれたらしいです(^^)

そんな謂れのある芸名だそうです。

皆様、上方落語をよろしくお願いします。

「さっぽろ落語しらぎく亭」さん これまでありがとうございました!

2022/06/27
上方落語ファンの皆様、おまっとうさんでした。
今日は残念なお知らせです。。。「さっぽろ落語しらぎく亭」さん

本当にこれまで大変お世話になりました!

札幌近郊の落語ファンで知らない方はあまりいらっしゃらないかと思います。

札幌近郊の瓦版として落語ファンと主宰を結ぶ大切な情報共有の場でした。

今月6月末で閉鎖です。。

直接、うちの上方の会を聴きにきてくださり。感想を投稿して宣伝して頂いたり。。
うちの会の掲載も私が全くデジタルが弱いので随分、フォローして頂きました。
当会アンケートでは来客の手段として10数%のお客様はしらぎく亭さんをみてお越し頂いておりました。。
ここのサイトから掲載されている落語会の主催者様方に確認して折り込み部数を下から積み上げてチラシの印刷部数を決めたり。。
もちろん
1落語ファン、お客として聴きに行ったり。。
今回、閉鎖にあたりご丁寧にご一報も頂きました。
ありがとうございました。。
お疲れさまでした!
随分、お世話になりました。
本当に色々とありがとうございました!

また落語会、遊びにきてくださいね!
皆様、上方落語を宜しくお願いします。

http://sapporo.rakugokai.info/


人気ブログランキング

上方落語が舞台のアニメ「うちの師匠はしっぽがない」❷

2022/06/22

上方落語ファンの皆様、おまっとうさんでした。

今週も回想録をと思っていましたが。。

上方落語ファンの皆様はご存知かと思いますが。。。

「うちの師匠はしっぽがない」
2022年10月よりTOKYO MX、MBS(毎日放送)、BS朝日にて放送されます。

道はBS朝日が視聴できますね!

今年初めにも少し紹介致しました

「うちの師匠はしっぽがない」

という漫画が2019年の初めから講談社さんの「good!アフタヌーン」に連載されています。

現在、単行本が7巻まで出版されています。

舞台が上方落語という非常に珍しい設定なんです!

あらすじは

時代は大正。

使いに出されて大阪の街へやってきた豆狸の女の子 まめだは、術で人間を化かそうとするが、うまくいかず同じく変身術を使いこなし人気女流落語家に化ける”化け物”、大黒亭文狐と出会い術でなく芸で人間を化かす文狐の落語を目の当たりにして弟子入りを決意。

最初は固辞し続けていた文狐も熱意におされ承諾。
まめだの成長や師弟愛のドラマが。。。。

絵は本当に少女漫画っぽいのですが。。。
内容はかなり上方落語の世界を全面に出されております。
例えば。。。
一話ごとに全て上方落語の演目が使われています。

又、古典落語中心に男性が演じやすく男性優位な落語界の中で

性別に関係ない落語界を舞台に。。。

男性社会の落語界に女流噺家が頑張っていく根性物の話ではなく

だから

「女性のくせに。。。」

というセリフを入れず

上方の四天王に文狐師匠を入れてなんと。。既に女性の噺家が2名入っているという。。。

これまでの落語を扱った物語とは随分違ったジェンダー平等の斬新な設定。

また、上方落語らしいハメ物も色々な話を通じて随所に表現されていたり。。。

登場人物も興味深く作者のTNSKさんも繫昌亭の座談会で仰っておられていましたが、東西の色々な師匠方の哲学や考え方をキャラクターに折込んでいるとおっしゃっていました。
当会の生みの親 笑福亭生喬師匠も
古谷三敏さんの「寄席芸人伝」以来の感動を覚えたとの事。

そんな上方落語を舞台にした物語が今年10月より放送されます。

今回PV第2弾が公開されましたので添付しますね。

四天王の声優さんのキャスティングが全部きまったようです。
本当に楽しみです!
皆様、上方落語を宜しくお願いします。

 

 


人気ブログランキング

回想39

2022/06/17
上方落語ファンの皆様、おまっとうさんでした。
今から7-8年前
上方落語の寄席が札幌には少なすぎる。
「ほたら
噺家さん呼ぼうか。。。」
(詳細については当ホームページの新着情報の回想1からをご覧ください)
「どなたにお越し願えばいいのか?」
これは結構。。大変でした。
全く縁故などもなく。。💦
2015年、年頭から3月の約3ヶ月の間
色々と当たってみましたが
なかなかいいお返事を頂ける噺家さんに巡り会えず。。。
そんな中
偶々のご縁で笑福亭生喬師匠とめぐり合いました。
(詳細は。。。
お時間ございましたら回想1からをご覧ください)
それから
2015年秋から2016年の秋までの1年間に約15回の生喬師匠の
落語会を開催。
徐々にお客様もお越しになられて
「上方落語をきいてよの会ーさっぽろ」
という会なので生喬師匠の会も毎年開催しながら当会の主任になって頂ける他の師匠のご紹介をお願いしました。
そこで
生喬師匠のご紹介で宗助師匠(現 二代目八十八師匠)を紹介して頂きました。
2016年のお盆明けに宗助師匠と2015年に生喬師匠と初めてお会いした法善寺近くのお店でご挨拶を兼ねて会食いたしました。
最初の会った印象は穏やかで実直な方でした。
生喬師匠に出会った時もそうでしたが落語という一つの物をシッカリとご自身の人生をかけて探求されている方はやはりどこか皆様、凛とされておられます。
簡単なご挨拶の後、米朝師匠の入門時のお話。。
学校卒業後一度米朝師匠の門を叩いたが願わず 板前のお仕事をされてやはり噺家の夢は捨てきれず再度、米朝師匠に会いに行き入門された事。
芸名が「二番煎じ」の登場人物の「宗助」からとられた事など。。。。
お酒が進むうちに驚いたのが。。。。
モノマネをされるんですよ !
米朝師匠はもとより一門の枝雀師匠 ざこば師匠
モノマネされながらその時の光景を落語風に演じられ
まるで自分が米朝一門の集いにいるような錯覚を覚えました。
はたまた。。。。
6代目の松鶴師匠をマネる時によく皆様、吃るマネをされますが
米朝師匠が仰るには
「それが残念。
若い頃の6代目はなぁもっと頭の後ろから声も高く。。。
こう出てたんや。。」
と若い頃の松鶴師匠のモノマネをされました。
その声は高校の頃 松鶴師匠のモノクロの写真のレコードを聞いたその声でした !
本当に楽しい時間でしたそれから数ヶ月後にふっと
「ほんでもなんでやろう?」
と疑問が。。。。つづきは次回に。
皆様、上方落語を宜しくお願いします。

回想38

2022/06/09

上方落語ファンの皆様、おまっとうさんでした。

今から7-8年前
上方落語の寄席が札幌には少なすぎる。
「ほたら
噺家さん呼ぼうか。。。」
(詳細については当ホームページの新着情報の回想1からをご覧ください)

https://上方落語さっぽろ.com/

「どなたにお越し願えばいいのか?」
これは結構。。大変でした。

全く縁故などもなく。。💦

2015年、年頭から3月の約3ヶ月の間
色々と当たってみましたが
なかなかいいお返事を頂ける噺家さんに巡り会えず。。。

そんな中

偶々のご縁で笑福亭生喬師匠とめぐり合いました。

(詳細は。。。
お時間ございましたら回想1からをご覧ください)

2015年10月から2016年春にかけて生喬師匠の会を大小色々な会場で合計12回開催。

2016年夏から秋にかけて2日開催で100人以上のお客様がお越し頂けるようになってきました。

 

「当方の落語会の名は
「上方落語をきいてよの会-さっぽろ」です
色んな上方の噺家さんに来て頂いて札幌のお客様に上方落語をきいてもらいたいんです。
来年は師匠にももちろん高座に出て頂きながら他の上方の噺家さんを紹介して頂けませんでしょうか?」
生喬師匠
「わかりました。どこまで出来るかわかりませんが、大阪に戻ったらチョット声をかけてみます」
なんと有り難い師匠です
ただ私自身が普通のサラリーマンでそれ程、お金を潤沢に持っているわけではないです。。。
条件が厳しいので何方にもお声をかけるわけにもいかない中。。。
師匠から2016年の秋口に
「宗助兄さんが来て頂けます。
本当に良かったです。」
桂宗助師匠です。(現 桂八十八師匠)
米朝師匠の最後の直弟子に当たられます。
生喬師匠に一度私が尋ねた事がありました。
「プロの師匠の目で見られて
上方の噺家さんで何方が一番巧いと思われますか?」
迷わず即
「宗助兄さんです」と答えられました。
その宗助師匠の落語をこれまで聴いた事がなかったので一度京都で師匠主任の会を聴きにいきました。
噺の中に故米朝師匠の間 息づかい 言葉の抑揚が随所に感じ取られ
非常に聴きやすく上品な本格上方落語をされます。
続きは次回に。。
皆様、上方落語を宜しくお願いします。

» 新着情報一覧

フェイスブック

  • 上方落語を一緒に盛り上げて頂ける広告主様、落語会を主催して頂ける法人、事業主様を大募集しております!
  • 広告主様は当落語会のチラシ掲載一口につき¥7000頂戴いたします。(招待券2枚進呈、チラシ部数は毎回1万枚前後)
  • 落語会を主催して頂ける法人、事業主様には落語会開催までのアドバイス、サポートをさせて頂きます。
当会で開催された落語の数々が。。お時間ございましたら是非

人気ブログランキング